>

仲介手数料が発生することが多い

この記事をシェアする

物件の価格を調べよう

仲介手数料の計算をする時は、物件の価格を調べる必要があります。
物件の価格によって、仲介手数料の上限が異なります。
200万円以下の物件だったら、上限が全体の5パーセントになります。
それを越える金額を請求されたら、おかしいと指摘してください。
不動産会社が、間違って計算することもあります。
自分で指摘できれば、向こうもミスを認めて正確な仲介手数料を出してくれるでしょう。

中には、意図的に高額な仲介手数料を請求するところもあります。
自分で計算できるようになることで、無駄な出費を抑えることに繋がります。
物件の価格さえ分かっていれば、仲介手数料の上限を算出できるので覚えておくと便利です。
これから何度か、計算する機会が訪れるかもしれません。

高額な物件を購入する場合

200万円以上、400万円以下の物件を買う時は、全体の4パーセントに2万円を足した金額が仲介手数料の上限になります。
計算が増えるので複雑に見えますが、ゆっくり計算すれば単純な公式なので間違えません。
大体そのぐらいの物件を購入することが多いでしょうから、使う頻度が多いです。
また、さらに高額な物件を買う人も見られます。

400万以上の物件を購入する際は、全体の3パーセントに6万円を足した金額が上限です。
それ以上はないので、600万円や800万円の物件でも同じ計算になります。
正しい仲介手数料を支払えるように、公式を覚えてください。
暗記するのが難しかったら、メモに残しておきましょう。
すると計算が必要になった時、メモを見ながらすぐ計算できます。