>

どのタイミングで支払えば良いのか

この記事をシェアする

最も多いパターンを知っておこう

仲介手数料を支払うタイミングは自由ですが、ほとんどは契約を完了した時にまず半分の仲介手数料を支払います。
そして実際に新しい物件への引っ越しが終わった段階で、もう半分を支払う仕組みになっている不動産会社が多いです。
すると余計なトラブルが起こることを、回避できます。

そのような決まりになっている不動産会社は、信頼性が高いです。
先に仲介手数料を全額支払う決まりの不動産会社は、何となく危険です。
仲介手数料を支払った段階で、連絡ができなくなることがあります。
トラブルが起こって対応してもらいたくてもできないので、自分で解決するしかありません。
そんなことにならないよう、2回に分けて仲介手数料を支払う不動産会社がおすすめです。

タイミングを交渉してみよう

お金の用意に時間が掛かる場合は、契約が完了した段階で半分の仲介手数料を支払うことができないかもしれません。
その場合は、新しい物件への引っ越しが完了してから一括で支払うことができないか相談してください。
不動産会社と相談して、お互いが納得した形になれば後で仲介手数料を支払うこともできます。

交渉に応じてくれる不動産会社が多いので、もしお金を用意できなかったら相談しましょう。
自分の信頼性をアピールすることで、交渉が成功しやすくなります。
信頼できない人物だと、仲介手数料を支払わないで逃げられると思われます。
それでは、交渉に応じてくれないでしょう。
引っ越しが完了したら、必ず支払うと伝えれば信じてくれるはずです。